TOPICS
  • 1位

    日程が決まりつつあります。今季の宮崎の神楽フィールドワーク [宮崎神楽紀行19-20<1>]

    遠い山脈の彼方から、風が神楽笛の音を運んできます。神楽の季節が近づいてきたのです。今季の神楽探訪スケジュールがほぼ決まりつつあります。まずは第一報です。現地の事情や天候など、直前にならなければ決定できないケースもありますが、まずは大まかな予定をお知らせします。「南阿蘇/九州学び舎」「宮崎/九州民俗仮面美術館」「大分/由布院空想の森美術館」が連携して行う本格的な神楽フィールドワークです。<2019年>◇11月22日~23日未定。椎葉・栂尾神楽。または高千穂・上野神楽。高千穂の場合は24日の上野・黒口神楽と連続取材の可能性あり。*募集なし。◇11月23日~24日未定。高千穂・黒口神楽。または東米良・尾八重神楽を検討中。*募集なし。◇11月30日~12月1日高千穂・秋元神楽。*確定。募集は検討中。◇12月7日~8日未...日程が決まりつつあります。今季の宮崎の神楽フィールドワーク[宮崎神楽紀行19-20<1>]

    森の空想ブログ

    森の空想ブログ

    読者になる

続きを見る

  • 由布院温泉

    由布院温泉

    由布院温泉 に関することなら、どんなことでもOKですので お気軽にトラックバックやコメントしてください。

    テーマ投稿数 50件

    参加メンバー 12人

  • 福岡Yahoo!JAPANドーム

    福岡Yahoo!JAPANドーム

    福岡Yahoo!JAPANドーム に関することなら、どんなことでもOKですので お気軽にトラックバックやコメントしてください。

    テーマ投稿数 6件

    参加メンバー 3人

  • 門司

    門司

    門司区は、福岡県北九州市を構成する7区の内の一つである。1963年の五市合併により、旧門司市の地域が現在の北九州市門司区となった。 日本の九州の最北端に位置する。近代は石炭の積み出しや貿易の中継基地としての役割をもつ港湾都市として栄えた。関門連絡船や関門トンネルが整備され、九州の玄関口でもあった。近年は門司港レトロ地区の整備により観光化が進んでいる。

    テーマ投稿数 108件

    参加メンバー 20人

  • 大分トリニータ

    大分トリニータ

    今、経営問題もありますが、地域発で一生懸命頑張っているトリニータ トリニータに関する話題があればトラバしてください

    テーマ投稿数 240件

    参加メンバー 31人

  • 九十九島釣り紀行

    テーマ投稿数 4件

    参加メンバー 3人

  • 長崎タウンニュース

    長崎タウンニュース

    長崎から発信されるブログの新着情報。その他長崎に関する様々なタウン情報はコチラにTBしてください。

    テーマ投稿数 1,770件

    参加メンバー 90人

  • サガン鳥栖

    サガン鳥栖

    サガン鳥栖に関連した話題のトラックバックテーマです。佐賀県鳥栖市の鳥栖スタジアムを拠点とするプロサッカーチーム、サガン鳥栖に関する事をトラックバックしてください。盛り上げていきましょう!

    テーマ投稿数 383件

    参加メンバー 24人

  • 九州もん集合ヽ(○´3`)ノ

    九州もん集合ヽ(○´3`)ノ

    九州のトラバテーマなかったんで作ってみました(*・∀・*) 九州在住の方!九州出身の方!九州が好きな方!なんでもOKですd(>∀<*)

    テーマ投稿数 762件

    参加メンバー 78人

  • 鹿児島の愛犬家の集い

    鹿児島の愛犬家の集い

    鹿児島の愛犬家の方入会大歓迎です! 情報交換や交流の場として 使っていただけたら。。。と思います♪

    テーマ投稿数 268件

    参加メンバー 5人

  • ♪宮崎てげてげ日和♪

    ♪宮崎てげてげ日和♪

    宮崎に住んでいる方、または住んでなくても宮崎大好きな方、がんがんトラックバックしてくださいね。 みんなで、のほほーんとしましょう♪

    テーマ投稿数 1,693件

    参加メンバー 59人

続きを見る

  • ひとつ分かったこと、そしてまた「謎」がひとつ増えたこと/諸塚村桂神社霜月祭りにて②[宮崎神楽紀行19-20<4>]

    桂神楽を始めて観たのは、二十数年前のことである。そのころは、宮崎の神楽に通い始めて間がない頃だったから、その恐ろしく長い神楽に退屈し、「荒神問答」が始まる頃には眠ってしまった。秋の日差しが木漏れ日となって境内に降りそそぐ、暖かな一日であった。そのため、神楽の内容はよく分からなかったが、なにやら荒々しい神様が出て、神主と難しい問答をするその場面では、はるかな古代の物語に誘い込まれるような不思議な感覚となり、忘我のひとときを過ごしたものだった。それが、土地神であり山と森の精霊である「荒神」と新たな土地の支配者となった民族の奉仕する渡来神との激突と相克・融合の場面であり、自然界と人間界の協調を説く神楽の真髄であることは、通い続けるうちに分かってきた。神楽とは、何も知らずに見ても面白く、美しいものであるが、その裏づけや...ひとつ分かったこと、そしてまた「謎」がひとつ増えたこと/諸塚村桂神社霜月祭りにて②[宮崎神楽紀行19-20<4>]

    森の空想ブログ 森の空想ブログ
    読者になる
  • 神楽を伝える村で起きていること/諸塚村桂神社霜月祭りにて[宮崎神楽紀行19-20<3>]

    諸塚村の深奥部にある桂地区の桂神社の霜月祭りは、秋晴れの清々しい一日となった。桂集落は、現在5戸が残る小さな村だが、その起源は古く、南北朝時代には南朝の落人が落ち延びてきたという伝承を持つ。この村での戦闘で果てたというその落人の墓も現存する。桂神楽は、高千穂から伝わったとされ、御神屋の飾り付け、演目の構成、太鼓のリズム・笛のメロディーなどに多くの共通項を持つが、高千穂神楽と同一ではなく、諸塚村の南川神楽・戸下神楽との共通項もみられる。諸塚山の星宿信仰との関連を指摘する研究者もいる。古格を保っていることは間違いないが、不明の部分も多い。そこがこの神楽の神秘性をさらに深めるのである。霜月祭りは桂神社の秋の例大祭。今年は、従来の祭りにはみられなかった要素が加わって村外から多くの人が訪れていた。それは、来年(2020)...神楽を伝える村で起きていること/諸塚村桂神社霜月祭りにて[宮崎神楽紀行19-20<3>]

    森の空想ブログ 森の空想ブログ
    読者になる

続きを見る

「地域生活(街) 九州ブログ」 カテゴリー一覧