TOPICS
  • 1位
    ぽてと倶楽部

    ぽてと倶楽部

    じゃがいも伝来の地 『長崎』。 雲仙普賢岳の裾野に広がるじゃがいも畑。 ここ愛野町は北海道に次ぐ

    読者になる
  • 1位

    無理もないか・・・

    どうも赤蕎麦失敗です。背丈もほとんど伸びておらず、このところの降霜で葉っぱが枯れてしまった。発芽後早いうちに花は咲いたものの蕎麦の実がどれほど付いているか。見た目には三角錐の赤い実が見受けられるがどうも結実には至っていないのでは・・・手先で脱穀するも実が指に当たる感触がない。蕎麦の花は虫媒花のため虫たちがどれだけ活動したかがものを言う。開花したのがすでに晩秋に近く、蝶は飛んでいたものの、他の虫たちを見かけることはほとんど無かった。九州でも蕎麦は9月上旬までには種を蒔く必要があるが、去年、この赤蕎麦の種を蒔いたのが稲刈りの頃だったので心配はしていた。乾燥させて選別してみないと分からないがせめて蒔いた種の数は確保しないと・・・悲しいことに粒単位の争いになりそうだ。(笑)←クリックで応援をお願しいします。無理もないか・・・

    ぽてと倶楽部

    ぽてと倶楽部

    読者になる
  • 2位

    赤そば望み薄~~

    きょうは太陽が顔を見せたので・・・・蕎麦の天日干しです。もちろん赤蕎麦も。あのたった1列3メートルほどの栽培でこれだけの赤蕎麦が収穫できました。ただ、よ~く見ると結実しておらず、やはり殻の中はスカスカ状態が多いようだ。虫たちによって運よく受粉して実がついたものの降霜で葉が枯れてしまって実の成長が止まってしまって小さいまま。唐箕にかけて風選しようものなら、全部飛ばされてしまうのでは・・・きょうは運よく風が少しあるので、むしろの上で自然の風を利用して風選してみる。やればやるほど飛ばされて少なくなるだけ?この辺で手に取ってみても中身が空洞のようなもの。乾燥したことで膨らんだ風船がしぼんでしまったような状態に。息を吹きかけただけでも吹き飛んでしまうぐらい軽い。問題はどれぐらいの量が来年の種として利用できるかだ。来年の蕎...赤そば望み薄~~

    ぽてと倶楽部

    ぽてと倶楽部

    読者になる

続きを見る

  • 福岡大学

    福岡大学

    福岡大学関連なら何でも

    テーマ投稿数 10件

    参加メンバー 3人

  • 博多〜天神

    博多〜天神

    九州新幹線も全線開通し、ますます人が集まるようになった福岡市中心部。「JR博多シティ」のオープンで「博多」対「天神」の競争も激しくなります。 つまりそれは、新しいグルメやショップが増え、より面白く楽しい街になるということです。そんな「博多〜天神」の情報を交換したいと思います。

    テーマ投稿数 181件

    参加メンバー 29人

  • 九州大学

    九州大学

    九州大学関連

    テーマ投稿数 15件

    参加メンバー 6人

  • 佐賀大学

    佐賀大学

    佐賀大学関連

    テーマ投稿数 8件

    参加メンバー 4人

  • 長崎大学

    長崎大学

    長崎大学関連

    テーマ投稿数 10件

    参加メンバー 4人

  • 熊本大学

    熊本大学

    熊本大学関連

    テーマ投稿数 9件

    参加メンバー 4人

  • 大分大学

    大分大学

    大分大学関連

    テーマ投稿数 13件

    参加メンバー 4人

  • 宮崎大学

    宮崎大学

    宮崎大学関連

    テーマ投稿数 8件

    参加メンバー 3人

  • 鹿児島大学

    鹿児島大学

    鹿児島大学関連

    テーマ投稿数 8件

    参加メンバー 2人

  • 少年サッカー 蹴球 トカゲの卵

    少年サッカー 蹴球 トカゲの卵

    少年サッカーのお子さんを支えるパパさん、ママさん、指導者の方、バンバントラックバックくださいネ。同じテーマの少年サッカーを共有しましょう。

    テーマ投稿数 5件

    参加メンバー 1人

続きを見る

  • ハカラメのその後

    ❝ハカラメガデタ~❞と叫んだ事務局長。・・・?????そう言われても一体何のことかサッパリ。よくよく聞いてみると「葉から芽が出た」とのことで、それを見て二人で大騒ぎしたことだった。その後、いろいろアドバイスを頂戴し、植木鉢の土の上にただ置いていただけとか。あれから2か月。芽はさらに大きく育ち、マザーリーフとも呼ばれるように芽に養分を与え根付いてしまうと次第に朽ちてきている。我々人間と同じか~。子供が一人前になるまでは脛をかじられ、一人前になれば親は退き世代交代となるように。でも普通に花が咲き種が出来てそれが発芽して育つわけでなく、葉っぱが落ちて分身のように発芽して子孫を残す。う~む、面白いですね。間引きしなくてもいいのかな?"Good-luckleaf"(幸運の葉)とか"子宝草"とも呼ばれるみたいです。←クリッ...ハカラメのその後

    ぽてと倶楽部 ぽてと倶楽部
    読者になる
  • レトロ農具の登場です

    蕎麦の収穫も刈り取りまで終えたところで、ジャガイモの収穫が入ってきて昨年は年越しとなっていたが最後の作業、蕎麦の選別作業です。ここで使用するのが「唐箕」と呼ばれる超レトロ農具。風を送リ込んで選別するもので、わが家でも一番古く親父の代から使っている農具です。最近ではほとんど使う機会はなくなっていたんですが、わが家では蕎麦を栽培するようになってから活躍の場が増えてます。蕎麦もコンバインで刈り取ればこれも使用する必要はなくお蔵入りとなる農具。風選する原理はいたって簡単そのもの。超アナログ的です。まず葉茎や埃が混じった蕎麦を最上部のホッパーに入れ、蕎麦を下に落としながら横から風を送る。充実した実は重いので風で飛ばされることなく下に落ちる。それによって手前の受け皿に充実した整粒だけを確保でき、次に未熟の実などは少し飛ばさ...レトロ農具の登場です

    ぽてと倶楽部 ぽてと倶楽部
    読者になる

続きを見る

「地域生活(街) 九州ブログ」 カテゴリー一覧