TOPICS

雲仙情報 新着記事

1件〜50件

  • 蕎麦畑の耕起

    午後から蕎麦を収穫した後の耕起へ。畑の周りの木々は枯れ木と化し、すっかり冬の様相。例年、この後はタマネギの作付けを計画しているのだが、今週半ばからはまたぐずつきそうな予報。令和になって去年のような暴れ年では困るのだが、今年も天候異変は始っているのでは・・先日、福井の方から電話があったのだが、北陸は雪がまったく無いそうだ。心配なのは雪が少ない年は冷夏になるケースが多いとか。どうも雪が無いのは北陸に限らず新潟、山形も同じのようで、今年の稲作が心配されているらしい。こちらでは雪が少ないということは春になって雪解け水が少ないということになり、昨年のような田植えの頃から用水不足が続くらしい。それに比べてタマネギは、少々遅れて2月の植え付けでもさほど問題なく、そこまで心配することもないのだ。昨年大人気だったサラダ用の赤タマ...蕎麦畑の耕起

    ぽてと倶楽部

    ぽてと倶楽部

    読者になる
  • 蕎麦の検査へ

    昨年産の蕎麦も最高品質の証明として、JAの検査員から1等のスタンプをいただきました。持参した6袋(22.5kg/袋)すべて1等です。収量で135kg確保。品種:常陸秋そば水分:14.4%4.5㎜丸目ふるい:上98%容積重:645g/㍑蕎麦の検査をするところを見たことないということで事務局長が同行。まず、持ち込んだ玄そばの内容量を確認。細い試料採取用の器具を突き刺し、それぞれの袋から玄そばの適量を抜き取り水分検査。次に4.5㎜丸目のふるいにかけ、落ちた量をみて充実度の検査。次に容積重の計測ですが、1リットル当たりの玄そそばの重量。メスシリンダーのようなもがあるので普通に考えれば、玄ソバの容積1リットルをの重量を図る?んでしょうが、この計測方法だけはよくわかりません。今度よく見ておきます。この容積重の値が大きいほど...蕎麦の検査へ

    ぽてと倶楽部

    ぽてと倶楽部

    読者になる
  • ハカラメのその後

    ❝ハカラメガデタ~❞と叫んだ事務局長。・・・?????そう言われても一体何のことかサッパリ。よくよく聞いてみると「葉から芽が出た」とのことで、それを見て二人で大騒ぎしたことだった。その後、いろいろアドバイスを頂戴し、植木鉢の土の上にただ置いていただけとか。あれから2か月。芽はさらに大きく育ち、マザーリーフとも呼ばれるように芽に養分を与え根付いてしまうと次第に朽ちてきている。我々人間と同じか~。子供が一人前になるまでは脛をかじられ、一人前になれば親は退き世代交代となるように。でも普通に花が咲き種が出来てそれが発芽して育つわけでなく、葉っぱが落ちて分身のように発芽して子孫を残す。う~む、面白いですね。間引きしなくてもいいのかな?"Good-luckleaf"(幸運の葉)とか"子宝草"とも呼ばれるみたいです。←クリッ...ハカラメのその後

    ぽてと倶楽部

    ぽてと倶楽部

    読者になる

「地域生活(街) 九州ブログ」 カテゴリー一覧