TOPICS
searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel

西都情報 新着記事

NEW POST
help
  • ダムと洪水/「川辺川ダムがあったら」論に物申す

    九州全域で未曾有の災害を引き起こしている豪雨だが、今後も大雨が降り続く予報が出ている。しかも、フィリピン沖で熱帯性低気圧が発生。予測不能の自体は続く。この渦中あって、ボランテイアや支援の活動が各地で続けられており、救われた気持ちになる。市民社会の成熟を感じ、ほっと安堵の息をつく思いである。ところで、早くも「川辺川ダムがあったら、球磨川・人吉の災害はふせげたのではないか」という「ダムがあったら論」が浮上している。これについては、一言、申し上げておくことがある。私はこの流域を熟知する者の一人である。まず、川辺川ダムは、中止の決定後10年ほどしか経っていない。仮に、中止ではなく工事が続行されたとしても、環境アセスや生態系調査の不備を補うための調査などに時間を要し、まだ完成してはいないだろう。ゆえに「あったら論」はそも...ダムと洪水/「川辺川ダムがあったら」論に物申す

    森の空想ブログ

    森の空想ブログ

    読者になる
  • 合歓の花が散る/豪雨過の渓谷を走り抜けた一日 [花酒と旅の空<>]

    昨日(7月10日)午前、由布院を発って、宮崎へ。水分峠から西の、玖珠・天ケ瀬・日田方面は豪雨の影響で道路が寸断されており、通行不能。210号線の南由布―湯平方面も不通。よって、高速由布院インターから南へのルートをとる。由布院町内の数か所水没や山崩れが起きている模様だが近づいて確認することができない。とりあえず、由布院空想の森美術館と関係者の無事を確認して出発。湯平温泉の被害が気にかかる。以前、「由布院と山頭火展」を実施し、「山頭火ミュージアム時雨館」を開設した古い旅館街に大きな被害が出たようだ。友人や知り合いも多いが、確認するすべがなく通り過ぎる。大分インターで降りて、国道10号線を南下、犬飼から三重→北川ルートへ。九州の東海岸は大きな影響はなく、時々晴れ間が見えたり、土砂降りの雨が降ってきたりする程度だ。驚い...合歓の花が散る/豪雨過の渓谷を走り抜けた一日[花酒と旅の空<>]

    森の空想ブログ

    森の空想ブログ

    読者になる

「地域生活(街) 九州ブログ」 カテゴリー一覧(参加人数順)