TOPICS

西都情報 新着記事

1件〜50件

  • 地道な取り組みが始まっていた[北広島:長笹里山の村美術館プロジェクト<4>]

    中国自動車道を一路東へ。出発する時には、由布岳の中腹付近まで雪が舞っていたから、念のため、大分へ出て、別府を経由して速見インターから高速道に乗る迂回路を選んだ。中国道では降雪や凍結はなかったが、道路が真っ白になるほどの融雪剤が撒かれていたので、前夜は雪だったことが判明。午後の高速道を用心深く走行。無事に中国山地の小さな村・北広島長笹集落に到着。村では、地元の人たちが集まり、地道な取り組みが始まっていた。写真は、現在移住希望者が利用する「おためし住宅」として使われている古民家の内部。この民家に隣接する倉庫を改修し、ギャラリーとして、将来は「ギャラリー付きゲストハウス」として運営するという提案である。その内部は、地元企業と企業の宿泊施設をデザイン指導している橋本律子氏がボランテイア感覚でコーディネートしてくださり、...地道な取り組みが始まっていた[北広島:長笹里山の村美術館プロジェクト<4>]

    森の空想ブログ

    森の空想ブログ

    読者になる
  • 由布院を経由して中国山地・北広島長笹集落へ [北広島:長笹里山の村美術館プロジェクト<3>]

    冬の間は行かないつもりだったけれど、暖冬の影響で道路状況がよさそうなので、由布院を経由して中国山地の小さな村、北広島長笹集落へ向かいます。下記(再録)は昨年の11月3日に当地で話し合われ、確認されたこと。その後、地元では着々と活動が続いているそうです。そのことの確認と、この春からのアートプロジェクトの始動と活動スケジュール等の打ち合わせ。写真は、現地の芳邦光也さんのFBから転載。この季節は、毎朝、雲海が見れる村です。[中国山地の里山の村へ]深まりゆく秋――中国山地のほぼ中央部に位置する小さなこの村は、夜半から明け方へかけて深い霧の底に沈む。標高900~1000メートル前後の山々に囲まれた高原の集落である。朝陽が昇るにつれ、霧は次第に晴れて、静かな村が姿を現す。芒の穂が日の光を受けて銀色に輝き、道の辺には、野菊が...由布院を経由して中国山地・北広島長笹集落へ[北広島:長笹里山の村美術館プロジェクト<3>]

    森の空想ブログ

    森の空想ブログ

    読者になる

「地域生活(街) 九州ブログ」 カテゴリー一覧